南関そうめん、手打ち・手延べ  「坂口製麺所」

葛入り南関そうめん

食用油ではなく、漢方薬(葛根湯)にも使用されている「葛」を使用しています。

健康な方はもとより、妊婦の方・病中病後で食欲が低下されている方・幼児の離乳食としてもおすすめです!

製造元:坂口製麺所(熊本県玉名郡南関町関村)                      販売元:美和(熊本県玉名郡南関町四ツ原)

食用油の代わりに、漢方薬(葛根湯)にも使われる「葛」を練りこみました。


機械を一切使用しない完全手打ち・手延べのそうめんです。


コシが強く、口当たりも葛のソフトな感触が味わえます。



夏は冷やしそうめん・冬はにゅうめんとしてお召し上がりいただくと、より美味を楽しめます。


「南関そうめん」

その歴史は約300年ともいわれており、細川藩が参勤交代の際に幕府に対する献上品として持参した熊本県の特産品です。

「葛入り南関そうめん」

いにしえの南関そうめん製造を基本とし、従来 麺と麺の分離に使用していた油の代わりに漢方薬でもある

「葛」を使用したものです。

油は植物性を使用しても残留し腐食していく為 健康上の不安もありますが、漢方薬の「葛」=健康(安心・安全)ということから、健康な方だけでなく妊婦の方・病中病後で食欲が低下されている方・高齢のため食欲が低下されている方・幼児の離乳食としても歓迎されています。

また、伝統的な製法を継承した完全な手作り・手延べ・自然乾燥の商品で、機械は一切使用していません。

「葛」

中国では約2,200年程前から、日本では約1,300年程前から薬用として使用されています。

中でも「葛根湯」はみなさまにも良く知られている薬品です。

「葛の効能」

血液浄化・血行促進・体温向上・免疫機能向上・体組織の柔軟化・自律神経の安定・内分泌機能の向上・老化防止・鎮痛・血統の安定・解毒作用・消化機能の向上・肝機能の向上・循環器機能の向上、等。